ネモ、執念のウメハラ撃破で首位をキープ/ストリートファイターリーグ powered by RAGE

3月3日に放送された「ストリートファイターリーグ」第8節で、勝利ポイント24で首位を走るネモオーロラと同22ポイントで2位につけるウメハラゴールドが激突、3-3のドローに終わった。ネモオーロラ、ウメハラゴールド共に順位変わらなかった。   ネモ(使用キャラ:ユリアン)は「試合前の練習中にウメハラ(ガイル)が他のユリアン使いと多く対戦していると語り「普段とはちょっと違った動きにしたい」と、Vトリガーをタイラントプレッシャーに変えると宣言した。  対するウメハラはチームメンバーへの指導を優先したのか「前節ほど対策はやっていないんですが、貯金があるのでいけると個人的には思っている」と、自身の経験を頼りに戦うと語った。  この日の試合ではネモオーロラがビギナークラスのみならず、ここまでポイントゲッターとして活躍していたハイクラスのあんまん(ユリアン)も星を落としてしまう苦しい展開となった。エクストリームクラスを落とすと首位陥落が確定するという厳しい状態で、リーダーのネモが底力を見せた。  第1バトルこそウメハラのソニックブームとEXサマーソルトキックを軸とした攻防一体の動きに苦杯をなめたものの、第2バトルはメタリックオーラをまといながらのEXチャリオットタックルでソニックブームを無効化しながらダメージを与える荒技で流れを掴んで奪い返した。  第3バトルも激しい打撃の応酬が続いたが、ギリギリの攻防の中でタイラントプレッシャーが勝負所で有効に機能し、最終ラウンドまでもつれこんだものの、かろうじてウメハラを撃破して首位の座をキープした。  ギリギリながらも引き分けに持ち込んだネモは「ここで0-6を喰らうと流されてしまうので、ウメハラさん限定対策をしてきてよかったです」とほっとした様子を見せた。  惜しくも完全勝利を逃したウメハラはネモのVトリガー選択が意外だったようで「そこまでしなくていいじゃん」と笑いつつも「まだこのリーグでは特定の相手に絞った対策をしている人はいなかったので、そこは見習いたい」と気を引き締めていた。  【試合結果】 △ネモオーロラ 3-3 ウメハラゴールド△ ビギナークラス ●奥村茉実(ブランカ) - ナガシマパイナポー(ラシード)○  ナガシマパイナポーが一時奥村に追いつめられながらも安定した戦いぶりを見せて勝利した。奥村は初勝利ならず。 ハイクラス ●あんまん(ユリアン)- オニキ(かりん)○  オニキは丁寧に間合いを取り、画面端に追いこんでから投げ抜けを誘ってコンボを決める盤石の攻めでハイクラス最高勝率のあんまんを押し込み、。最後は残り体力わずかなところから「神月流 覇道六式 覇者の型」を決めて勝利した。 エクストリームクラス ○ネモ(ユリアン) - ウメハラ(ガイル)●  首位を争うチームのリーダー同士の対決は、最終ラウンドまでもつれこむ激しい戦いとなった。この試合でネモはVトリガーIIのタイラントプレッシャーを選択してVリバーサルと合わせて柔軟に運用し、勝負所を制した。 ◆カプコンストリートファイターリーグ powered by RAGE  プロプレイヤーが参加するエクストリームクラス、予選及びドラフトで選抜されたハイクラス、オーディションで選抜されたビギナークラスの3人1チームの3on3で戦う、カプコン初となる「ストリートファイターV アーケードエディション」の公式チームリーグ戦で、全10節。  試合はチームごとに同じクラス同士が戦い、勝った側にエクストリームでは3ポイント、ハイクラスは2ポイント、ビギナーは1ポイントが付与され、合計点数で順位が確定する。全敗したチームはFinalact(泣きの一回)を行い、ビギナーもしくはハイクラスの選手が勝利チームのエクストリームの選手と対戦し、勝てば3ポイントを獲得できる。合計ポイント上位1~3位のチームは3月に開催されるグランドファイナルズへと進出できる。  賞金は1位300万円、2位100万円、3位50万円、4位25万円、5位15万円、6位10万円。一般社団法人日本eスポーツ連合から発行されるJeSU公認ライセンスを持つエクストリームのプレイヤーに授与される。ハイクラス及びビギナーの選手には特別な記念品が贈呈される。 (C)AbemaTV ▶【見逃し視聴】カプコン ストリートファイターリーグ powered by RAGE 第8節 ▶3/9(土)21:00~ カプコン ストリートファイターリーグ powered by RAGE 第9節